しょうゆ日記

ブログ始めました。しょうゆです。わんこです。

へ〜新卒1ヶ月ちょいでも休職できるんだって話

 

 

 

懺悔に近いことを話しましょう。

 

 

-------------------------------------

 

 

私、実はついこないだまで休職してました。

「この意識高い系偉そうに
 話してたくせに仕事休んでたんか!」

 

そうお思いになったでしょう。

 

まあまあ、
焦らず話を聞いてやってくださいよ。

 

 

ざっくりと経緯をお話しすると

4月少し前入社

ゴールデンウィーク明けまで働いた後、
突然会社のドアが開けられなくなり、
そのまま帰宅、お休みいただく。

朝起きられず、起きても暗闇で
数日過ごすみたいな生活をすると言った状態
言わば抑鬱状態になる。

やばそうだったので心療内科に診察GO


休職することになった。

昨日で復職1週間経過

「やった〜(棒)」

って感じ。 

 

 

原因

原因はたくさんあるんですよ。


●なんでもやりすぎ

→プログラミング&
 Webサイト制作の勉強

→筋トレ&苦手な増量

→過度な読書量

→PC 操作の練習
 (タイピングとかショートカットとか)

→家で仕事

etc...

 

自分過信しすぎ問題。
割と大部分を占めている原因の一つ。

 

やればできる!

なんてポジティブなのはいいけど
そんな脳に負担かけたら処理しきれないって
わかってくれよと言いたくなる。

 

事実、英語学習とか筋トレとか
コミュニケーションに関してとか
苦手をを克服したり
だいぶ高めの目標を達成してしまったから
天狗になってたから仕方なかったかもしれない。

 

誰かこの鼻を300回くらい折ってくれ。
そうすると謙虚になる。
(が自信がなくなるのもそれはそれで問題か…)



●休みの日に休まなすぎ

→成長マインドではなく証明マインドってやつ。

要は私できる人間ですってアピールするために
休みの日にも頑張ってしまう病気。

 

休みに休まず無理をしていたってわけです。
上記原因とほぼダブりだが気にしないで。

 

もっと休み休み頑張るみたいな方針だったら
ここまで問題になってなかったかもしれない。

 

正直、緊急事態宣言で私の好きな温泉施設に
行けなくなったのは大打撃だった。
とどめだったと言っても過言ではない。

 


愚行の数々

さらに極め付けと言っても
いいほどの愚行をお伝えしましょう。

 

休日も何かしら行動を大量にとっていた。
が、休むことも大事だということはもちろん
知っていた(理解はしてなかった)ので、
そのために色々施策は試していた。

何をしてたかというとこんな感じ↓

・休む時間を作るためにショートカットを
 覚えたり、タイピング練習したり最大限の

 効率化を試みる

・仕事中の業務不慣れによる気疲れを防ぐ
 ために休みの日に仕事を覚えようとする

・頭良く慣れば疲れなくなるんじゃね?と
 思考トレーニング系の本を大量に
 読もうとする

・短時間で最大限の休息を得るために
 テアニン、GABA、アシュワガンダなどの
 副交感神経を高める系サプリを大量摂取
 (各自ググってください)

 

本末転倒もいいところでしょう。

 


●組織での活動に慣れてなすぎ

まだあったな。
もっと人生の課題レベルの原因が。

 

かっこよくいうと一匹狼で生きてきたから

組織としての活動に慣れてなかったんです。

だから、大変だった(語彙力)

→人間の行動とい振れ幅の大きい変数に
 脳の処理が追いつかない。

→人付き合い苦手すぎて八方美人の気疲れ

→すごいやつアピールしたくて
 できないこともできると言って引き受ける。
 で、勝手に基準上げて追い込んで
 「(できないこと多いちんどいよ〜)」
 みたいな。

 

就職面接の

「サークルや部活の経験はありますか?」

という質問は結構重要なものだと
身に染みて実感。

コミュニーケーション苦手のみんな、
就職する前には組織経験はあると後々楽だぞ、と伝えておきます。

 

●外部要因ももちろんある

まあ、こう言った話を口外するのは
ナンセンスなので割愛します。



 休職期間に気づいたこと

●愚痴って素晴らしい

休職して、今まで滅多に言わなかった
愚痴を言ってみたら気持ちいのなんの。

 

あんまり愚痴らないをポリシーに
生きてきてたんだけど
それを一時的に解除するというか、
意識的に愚痴を並べてみると結構スッキリする。

 

なんかノートに書き溜めちゃったら止まらない、

みたいな。気持ちよくて。

まあ、もちろんもうしてない。

 

余談だけど、
というか余談しかしてないんだけど、

大学一年生の時、
友人の愚痴を聞くのも嫌すぎて

「愚痴言うのやめてくんない?
 解決する方法探したら?」

って言ったら、
愚痴を言わない人間に初めて出会ったって
驚かれたよね。

愚痴共有できないってそりゃ友人できないわ。



●何もしないって素晴らしい

らしい。多分。

 

まあ、とりあえず回復する。

 

今でも自分はあんまりわからない。
何もしてないと不安になる。

 

抑鬱状態でも

「(何かしなきゃ!!!!)」

みたいなそわそわしてたから
あんまりわかんなかった。

 

けど、何もしなかったから
(もしくは処方された抗不安薬のおかげか)

体調は戻っているので、
何もしないというのは素晴らしいこと
なのだろう。

早くわかりたい。


とはいえ

ブログサイト新たに作り始めたり、
筋トレは相変わらずほぼにちでやってたり
何もしてなくない毎日をまた始めちゃってさ自分でもアホじゃないのって感じだよね。

 

何かしてなきゃ、不安なのさ。

でも流石にまだ慣れない環境で
慣れない仕事して
慣れない、慣れない、慣れないで
ただでさえ負担なんだが、
わかっちゃあいない。アホだな。

 

 

ただ濫読はやめた。えらい。

 

 

-------------------------------

ではでは。

 

過去の記事だよ 

yukisato.hatenablog.com

yukisato.hatenablog.com

 

速読はしちゃダメなんだ

速読はしちゃダメなんだ

みなさん元気でしょうか。
ちなみに私は元気ではないよ。
--------------------------------

■速読はするな


『入社一年目の教科書』
って本に書かれてる内容なんだけど、
社会人になってみて確かに大事かも
って思った。


  • 読むことが目的の読書は濫読である
  • 一冊じっくり読み一つ大きな学びを得る
  • 一回の読書で得られるものは限りがあり
    大きく期待してはいけない

実は入社前にこれ読んでて
初めて読んだ時はピンと来てなかった。
 
「こんなこと書いてるけど
 読書はすればするだけいいはずや!」
 
だってさ、
一回の読書で得られるもの限りがあるのなら
読書に時間かけたもの勝ちじゃね?
濫読がいけないのなんて百も承知で、
その理由も読むことを目的に内容を蔑ろにし、
定着を疎かにしているからでしょ。


その対策として表紙に本のまとめを書いて
通勤中に電車で振り返りしてたんだけど
それで問題ないと高を括ってた。


でも、今振り返ってみるとどの内容も
確かにあんま身についていないかもしれない。
それどころか就業中覚えるべき業務と
バッティングして脳が追いついていない
感じもしたりした。

実際本書に書かれている通りに、
じっくりと読むスタイルを実行していれば
混乱を避けられたかもしれん。

 

yukisato.hatenablog.com

 


■私が見つけた速読のデメリット


思い返すと無闇に速読をすることで生じた
デメリットがもう2つあった。
どうせ同じ過ちをいつか繰り返すから
未来の自分と共有という意味でも追記。


一つは知識だけ膨大に増え、
脳のメモリを圧迫すること。
 
もう一つは知ってるのに出来ないと
自己嫌悪に陥ること。


前者に関して。
やはり使える脳のリソースは限られている。
新入社員として覚えるものも多く、それらは
業務の根幹として重要であるにも関わらず、
プラスαの読書をしようとしてもどちらもは
うまく行かないと今ではしみじみ。
 
私は途中このリスクを感じつつも新しい本を
手に取ることはやめらなかった。
できないことが多く自信が持てなかった。
本を読み知識を得ることで
安心したかったのかもしれん。
 
結果、前述の通り中途半端になってしまい、
仕事の内容も本の内容もうまく身につけられた
自信があんまりない。



後者に関して。
私個人の問題かもしれない。
私の感覚では速読でも情報は確かに残る。
しかしそれで得た情報は実践できるレベルまで
定着させられることはなく、
失敗もしくは成功時に
ふと思い出す程度のみ。
 
「知っていたはずなのに!」
 

失敗の度に思い出しては自己嫌悪の繰り返し。
自信を得るために読書して、
読書により自信を失うという矛盾を抱えたまま
辞められず悪循環に陥っていた。

 


■読書で大事なのはいかに実践するか


今後私がやるべき行動は
上記の本の内容の通り

「速読をしないこと」
言い換えると、速さ・量のみを追求して、
アウトプットの前提なしに読書することを
やめること。


具体的な行動目標は以下の3点

◯一冊の本から最も自分に必要な箇所を
 1、2抽出し、一定期間それだけに執着する

例えば先日「やり抜く人の9つの習慣」という
全9章から構成された本を読んだが、
自分に最も必要だと思われる箇所
「まだできてないだけ、と焦らないこと」
という言葉だけを抽出。
まずは一つの項目だけに集中しよう
と言った具合。

欲張らず、もっとも必要なものだけをピックし
他は捨ててでも身につけるという感覚。



テレアポや営業系の本などにあるスキル本に
 関してはstep by stepで実践していき、
 一つできるまで他のテクニックを実践しない

テレアポのコツ、と言ったような本で、
①声のトーンを高く話す、
②相手の話すペースに合わせて
 自分の話すスピードを調整する
③相手の名前多く会話に織り交ぜる etc...
があった場合、
全て一気に実践してみたいところだが、
一つできるようになるまで次に飛び付かない。

①が完全にできるようになってから②に移る、
と言った具合。


とはいえ、
成長スピードが遅くなってはいけないので、
一つ一つの習得にかかる時間を短縮できるよう
心がける必要があることは意識を怠らない。

 

 


◯本の内容は業務内容レベルに落とし込む

本書の内容にある単純作業はゲーム化する
という項目を例に出すと、
この内容を読んでそれで
「よし、そうしよう」では終わらせない。
例えば、
「◯◯の処理をミスなく◯分以内に
 終了できるように挑戦してみる」
と言ったようにどの業務をどういうふうに
変化させるかまで考えながら読む。


上記3点を今後の読書の行動指針として
設定することで、読書の質を高めつつ
継続的なスキルアップを図りたい。
 
 


■まとめ

目的を見直し、業務レベルの実践を意識した
読書を習慣的に行っていくことが私の課題。

今は優先して覚えるべきことが多く、それを
疎かにしてまで大量に読書する理由がない。
それで本業に支障が出ては本末転倒。
質と業務とのバランスを考慮した上で適切に
読書していきたい。
 
 

追記

ということで、
年度末までに100冊の本を読むとかなんとか
ツイートしたような気がしなくもないが、
一旦その目標はストップで。
 
量より質重視に方向転換。
 
--------------------------------
ではでは。
 

 

過去の記事だよ 

 

yukisato.hatenablog.com

yukisato.hatenablog.com

yukisato.hatenablog.com

 

¿ 五月病 ¿

今まで傲慢だったよ。



愚痴を言うのは嫌いだって、

以前からそう思ってた。

けど組織で働き人と四六時中

関わることが日常になると

愚痴を言いたくなる気持ちが

分からなくもない。

一人でいるのが楽だった。

楽してるだけだった。


組織で活動したことないから

部活とかサークルとか

こんな1番下っ端になる経験が

初めてなのさ

その無能感がまた辛いぜ


高校も成績トップ目指して独りでいたし

大学の時も独りで動いて英語の資格とって

自己優越に浸ってさ

できない自分から離れてったのさ。



こんな無能感に襲われるのは辛いよ。

今まで傲慢だったよ。

なんでもできるなんて信じてさ。


p.s.

あと本読むけどさ

3,4月だけで20冊以上とか。

知識増えてめっちゃ使えるのはいいんだけど

すぐにはできないことも多くてさ

知ってるのにできないって

ジレンマで自滅しちゃう。

まさかのデメリットにきづいたよね。


読む量減らして一冊一冊に集中しないと

バカになりそう。

4月の反省

できるできると言い聞かせて
自信を保っていたのが逆効果になった
 
 
社会に出れば実際にできないことの方が
多い。
もちろんできるようにはなっていったし、
効率化もできるようになっていったけど、
それでもできないことがどんどん出てくるからその度に苦しい。
すぐできなくなる。
できる人に囲まれて、
自分の有能感が霞んで行ってしまう。
無能感が迫り来る。
 
 
無能な自分は怖い、
でも無能な自分を受け入れないと
一生辛い。
この恐怖は一生ついてくる。

そもそも傲慢か。
できるできるなんて言って
自信を保つなんて。
 
 
さあ、次はどんな方法で自信を保とうか、
といったところが悩みどころ。
無根拠の自信に頼りすぎたことに反省です。
 
 
人生難しいなぁ。
やっとこさ出来上がった
"自分に自信をメソッド"が
こんなにもすぐに壊されるなんて。
 
社会人のみんなすごすぎ!
はやく一人前になりたい!!!!

次の減量のための記録(食事、期間)

 

目的

次は3ヶ月の増量期間を挟んで

7月から減量するので

その時に参考にできるように記録する。

期間と変化

期間

:2021 / 1 / 1 ~ 2021 / 3 / 28(約3ヶ月)

体重推移

:※体重推移に関しては体組成の記録を参照。

体の変化

◯1月1日

f:id:ymahh-s-777:20210327100135j:plain

◯1月13日

f:id:ymahh-s-777:20210327100141j:plain

◯1月30日

f:id:ymahh-s-777:20210327100146j:plain  

◯2月14日

f:id:ymahh-s-777:20210327100206j:plain

◯3月13日

f:id:ymahh-s-777:20210327100215j:plain   

3月13日

  f:id:ymahh-s-777:20210327101446j:plain

◯3月27日

 f:id:ymahh-s-777:20210327100245j:plain

減量終盤(Last 2 weeks)の食事ルーティン

 

朝① BCAA

   + コーヒー

   + ガルシニア

朝② プロテイン(P:40g)

   + ラムネ

昼① 玄米withのりたま(500~750kcal)

   + プロテイン(P:40g)

昼② プロテイン(P:20g)

   or プロテインスナック

   + ラムネ

夕① 玄米withのりたま(500~750kcal)

   + キャベツと鶏胸肉(P:40g)

夕② ヨーグルトwithはちみつ(200g~400g)

 

マクロの目安

2500kcal(P:140g〜180g)

 

食事の補足

・鶏胸肉とキャベツは皿にに盛り付けドレッシング(玉ねぎとニンニク)をチンしたやつ

・ヨーグルトは寝る前。腹持ち良い。食べてもお腹空くならすぐ食べる。

・炭水化物は午前はほとんどなしで、昼から夜にかけて食べる

・ガルシニアは1粒では体感が得られなかったので2〜3粒摂取を推奨

 (※減量最終版のみの使用を強くおすすめする)

・玄米は1日に3合食べても痩せられる

・夜寝る前にしっかり炭水化物を取ると、

 翌朝のカーディオで疲労困憊なり1日を無駄にすることがなくなる

→つまり、夜の食事を抜くと翌日は1日を有意義に過ごせない

 (※カーディオしないならOK)

・空腹はトレーニングすることで解消される

・最重要項目はぶどう糖摂取で前頭葉の機能を守ること

・カーディオ中/トレ中は大音量の音楽で集中すること

 

 

サプリメントルーティン

起床直後

・BCAA

マルチビタミン

・ビタミンBコンプレックス

・ビタミンC

アルファリポ酸

L-システイン

 ーーーーーーーーーーーーー

(・EGCg)

(・チロシン)

(・カフェイン)

マルチビタミン

・ビタミンC

マルチビタミン

・ビタミンC

・アシュワガンダ

・テアニン

 

サプリの補足

・起床直後に飲むサプリ( )のものは段階別で追加。最初から無闇に取らない。

・睡眠用のサプリは必ず摂取

・食事がどうしても就寝近くになってしまった場合は、消化酵素系のサプリも摂取。

・常にサプリの目的を考えてアップデートする。効果は段階に応じて効き目が変わるので固定化しすぎない。

 

レーニングなどに関しての記録

・終盤は肩の腱板を負傷。

 プッシュ系の種目ができなかった(ショルダープレス・胸のトレーニング全般)

→肩はレイズ系の種目だけでも十分に発達するので心配いらない

→胸もさほど小さくなってないのでOK

→焦って再開しようとすると再発するので絶対に休養第一

・シンプルなメニューをとことん追求する形が最も集中できる

・腹筋種目を怠らない

・お腹に血管が出てきたらラストスパート

・朝カーディオはプロもやってる。真似しない手はない。

・困ったら山岸プロの動画見る

 --------------------------------

ではでは。

過去の記事だよ  

 

yukisato.hatenablog.com

yukisato.hatenablog.com

 


yukisato.hatenablog.com

 

 

玄米3合食べても痩せる

f:id:ymahh-s-777:20210305092156p:plain

まさかこんな減量の終盤で爆食いをするとは思わなかった。

 

玄米3合。カロリーにして1500kcal以上。

昨日のトータル摂取カロリーは3500kcalぐらい。もはや増量期。

 

流石に今日体重計の数字は増えるだろうなと思っていたら、減ってた。

正確には体重は増えてた。しかし、体脂肪率は前日よりも0.1%減ってた。しかも今週の最小値。

 

体重:62.2kg

体脂肪率:11.5%

 

せっかくなので今後のためにも生活の記録を残しておこうと思う。

爆食いしても無駄なストレスを抱えず、有効活用できる。

きっと再現性は高いと思う。

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

昨日は朝7時半に起きて(かなり遅めの起床。意味わからん。)、BCAAとサプリメントを摂取したらいつも通り有酸素運動1時間。

 

午後2時まではコーヒーと蒸しパンとプロテイン(P:50g)。それと、カカオポリフェノール摂取目的で高カカオチョコレート4枚。頭が冴える。

 

 

この時点で摂取カロリーは700kcal。

 

 

次に昼食として玄米250kcalと鶏胸肉と白菜のスープ(P:40g)とアーモンドで550kcal追加。

 

 

この時点で15時、カロリーは大体1300kcal。順調。

 

 

その後お出かけして夕方帰宅。

 

いつもなら残りはプロテインと鶏胸肉とヨーグルト(最近は蜂蜜をかけて)と炭水化物を2〜300kcalで2200kcalくらいでフィニッシュ。

 

しかし、この日は脳の調子がすこぶる悪かった。

低摂取カロリーでも順調だからと糖質の摂取を制限してたからだろうか、前頭前野が機能せず、理性は働かず、炊いてあった炊飯器いっぱいの残りの玄米を全て平らげてしまった。

 

今朝3合炊いたばかりだったから、おいしかった。

 

さらにふりかけ一袋全部使い切ったから200kcal追加。

 

さらにさらに、その勢いで買っておいたプロテインバーも食べてしまい、一日15粒と決めているアーモンドも、そんな設定無視して多めに食べた。(ちなみにアーモンドは健康食品でもなんでもない。高脂質な化け物食品。ただ美味しい。)

 

 

で結局この時点ですでに3200kcal。夕方7時の出来事。意味わからん。

 

 

流石の罪悪感でここから自転車に乗って2時間走り続けた。

1日の分析をして原因を探りながら。

 

判明した原因はふたつ。

 

「糖質の摂取が少なくても大丈夫だという驕り」と「体温調整をミス」ったから。服を着すぎた。体温高くて脳が死んだ。栄養が不足し大脳皮質が悲鳴をあげ仕事を放棄した。

 

減量中はぶどう糖単体を摂取するよう1日に組み込まないといけないかもしれない。

 

冒頭にも述べた通りこの日はかなり寝過ごしたので睡眠はきっと原因には入らないだろう。

 

 

話を戻す。

 

 

2時間の自転車を漕ぎ終えた後も体はすごく元気だった。

 

そりゃああんだけカロリー取ってたらそうだろう。

 

この時点で22時。いつもは布団の上で本を読みながら寝る準備をし始めてる時間。

 

でも昨日は体がエネルギーが(文字通り3200kcal分のエネルギーが)有り余っていたし、罪悪感もたくさんあったのでジムへ直行した。

 

 

肩トレ1時間した。めちゃパンプした。最高だった。

 

 

プロテインとヨーグルトを摂取して就寝。

 

3月4日終了。ちゃんちゃん。

 

 

 

 

 

3月5日金曜日。先ほど午前7時13分に起床。

いつも通り体重計に乗った。

 

結果は冒頭に述べた通り。

しっかり体脂肪率は減ってた。少し嬉しかった。

 

 

食べたらその分めちゃ体動く、体が動けば消費カロリーも増える。

お腹も満たせてちゃんと痩せれるからある意味最高のダイエットだ。

 

済んだ後だから言えることだが、これが毎日できるなら案外幸せかもしれない。

 

 

でも頻繁にはできない。理由は時間がかかるから。

 

冒頭にも述べたあの莫大なカロリーを消費するためには時間がたくさん必要になる。

 

早朝1時間のトレッドミルと約2時間のバイク。さらに1時間のトレーニング。

昨日は同居人の歯医者について行ったりして日中多めに歩いたので軽めのカーディオに含めてもいいかも。

 

推測できる範囲で言えば、消費カロリはざっくり2000kcal弱。消費時間は4時間以上。

 

 

消費カロリーは高いが必要時間も多い。

 

 

他にもしたいことはたくさんある。

 

時間がたくさんある人は満腹感を得ながら痩せられる幸せのダイエット方法かもしれない。

 

 満腹感を得つつ、トレーニングでは筋肉がパンプしまくり。

 

あらかじめ痩せると知っているのであればストレスはない。

 

高摂取/高消費ダイエット。ぜひ試してはいかがだろうか?

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

最後に

 

肩パンプして嬉しかったのでパシャリ。

 

f:id:ymahh-s-777:20210305091746j:plain

 

 

 

ダイエット報告とダイエットしてて思うこと

f:id:ymahh-s-777:20210221114732p:plain

 

 

ダイエット報告

体脂肪率が12%に迫りそうな勢いです。

せっかくなのでパシャリ。

f:id:ymahh-s-777:20210221165250j:plain

f:id:ymahh-s-777:20210221165106j:plain

 

前日、前々日と便秘に悩まされてました。

便秘になると体脂肪の数字も上がってしまうのでいやですね。

 

 

しかし、それが解消すると体脂肪率が落ました。よかった。

 

  

おそらく便秘の原因は腸への負荷が原因でしょう。

 

 

血糖値の急激な上昇はなるべく抑えたいので毎日、白菜とわかめを大量に食べて、イヌリンの摂取もしています。食物繊維もりもりなのはいいことなのですがきっと取りすぎは消化器官への負担も大きいです。

 

 

食物繊維は便秘にきく、と言われますがたくさん摂りゃいいわけではないようです。

 

 

ちなみにイヌリンというのは水溶性食物繊維の一種でサプリメントで販売されてるモノです。食前に摂ると消化に緩やかにすることができます。

 

 

「ダイエット効果があるよ」と同居人に勧めて、買わせて、勝手に使ってます。

 

 

 

 

(笑)

 

 

 

 

思うこと

ダイエットしていて思うことがあります。

というか、同居人のダイエットを見ていて思うことがあります。

 

 

結論から言えば、

 

 

「知識がないと大変で、大変だと長続きしない。長続きしないと結果が出ない」

 

 

僕は楽をしたいのと、知的好奇心からサプリや栄養学を最近調べています。

実際楽だし、効果が出ているのでこれは正解だと思っています。

 

 

一方同居人もダイエットしていますが、特にそういったことはしていません。

ただダイエットしています。

サウナスーツを着て頑張っています。

 たくさん走って脂肪を燃焼しようとしています。

食事も制限しています。

 

 

思わず、「がんばれ」と声をかけたくなるような感じです。

 

 

まあそれ自体はいいのですが、ある程度の知識を身につけたからこそ、

「そんなにがんばらなくても痩せるよ」と伝えたい。(というか伝えてるのに聞く耳を持たない笑)

 

 

走ってもきついだけだし、汗かいても痩せないし、食事制限もサプリ(上記のイヌリンとか)を駆使すれば辛くありません。

 

 

サウナスーツを着て時速6〜7kmでトレッドミル30〜40分を走っています。

汗流してハアハア言わせて走ってます。

 

 

若干地獄絵図です。

 

 

僕の場合は、走りたくありません。なるべく汗をかきたくありません。

だから時速3.5~4kmで60分間ゆっくり歩きます。

 

その間は本を読んだりyoutubeみたりのらりくらり。

最近はもっぱらITパスポートの暗記が多いです

有酸素運動中の記憶力は平常時より有意に高いので利用しない手はないです。

 

 

サプリも活用します。

カフェインは中性脂肪の分解に大きく寄与します。

カルニチンは分解された脂肪酸ミトコンドリアへ運搬してくれ、

アルファリポ酸ミトコンドリアないでの脂肪燃焼を強めてくれます。

体内の代謝を活発にさせるためにマルチビタミンも見直しました。

BCAAは絶対に取りましょう。

 

 

 

時間も味方につけます。

 

起床直後は、血糖値が低く、脂肪を積極的に分解することでエネルギを得ようとしてくれます。つまり、脂肪を燃焼しやすいです。

 

 

今は大学生で時間があるからだろ、と同居人に反論されるんですが朝5時半におきてジムで小一時間運動してもまだ7時なので、入社した後でも余裕で出社できるでしょう。

 

調べれば調べるほどダイエットは有利になります。

 

 

知識は偉大だとつくづく感じます。

 

 

 

 

終わり